広島、長崎を前提せずに生きることは野蛮である

b0177891_06153609.jpg

長崎は幼い頃に亡くなった父親の故郷。

写真は浦上天主堂。

親戚の家から徒歩数分のところにあり、夏休みなどで親戚の家に泊まらせてもらった時には必ず礼拝に行った。


身体に火傷痕が残っていた叔父も数年前に亡くなった。

親戚の墓石には「八月九日」の日付とともにご高齢の方から幼子までズラリと名前が刻まれている。


思えば、生まれ育った本所両国〜深川界隈も空襲の痕跡が残っている。

子供の頃遊んでいた錦糸公園も東京慰霊堂も空襲の犠牲者が埋葬され、ご遺骨が安置されている。

あの橋も、あの川も・・・その頃はそんなことも知らず走り回っていた。


『アウシュビッツ以降詩を書く事は野蛮である』と、ある哲学者は言った。

『3.11を前提せずに生きることは野蛮である』と、ある作家は言った。

広島、長崎を前提せずに生きることは野蛮である。


それ以前と、それ以後とでは世界の景色は一変してしまった。

目を背けて生きる事は野蛮である。












# by gizankatoh | 2017-08-09 06:15 | 長崎

『その彫刻は、なぜ拝みたくなるのか?「超絶技巧」の現代アート』JBpress(日本ビジネスプレス)

『その彫刻は、なぜ拝みたくなるのか?「超絶技巧」の現代アート』JBpress(日本ビジネスプレス)
この度、インタビュー記事を掲載して頂きました。


来月より東京 日本橋の三井記念美術館で開催される特別展

「驚異の超絶技巧!- 明治工芸から現代アートへ -」に作品が展示されます。

その後、岐阜、山口、富山、大阪と巡回されますので、是非お遊び下さい。













# by gizankatoh | 2017-08-05 20:14 | 展覧会

授かったもの

怠らぬようにと、不器用を授かった


驕らぬようにと、遠回りを授かった


努力をするようにと、無能を授かった


自ら歩くようにと、弱さを授かった


自らを知るようにと、迷いを授かった


役割を全うするようにと、いつかくる死を授かった













# by gizankatoh | 2017-07-25 06:24 | 月鏡

いい旅を・・・

b0177891_20591351.jpg

菩提寺である、長崎 晧臺寺のご住職、大田大穣老師が亡くなられた。

昨年、長崎に墓参に行った際、体調も芳しくなくお会い出来なかった事が悔やまれます。


いつも墓参の折には茶を一服ご馳走して下さり、にこやかにされていた事を思い出します。


禅僧に対し、身罷られた事を悲しみ悔やむことは不要かもしれません。

生き切り、死に切られたのでしょうから。

ただ、「いい旅をなされて下さいませ」とだけ。


合掌













# by gizankatoh | 2017-07-23 21:10 | よしなしごと・・・

誇りと怖れ・・・

b0177891_21130995.jpg
誇りを持て

そうすれば怖れは消える













# by gizankatoh | 2017-07-19 21:13 | 月鏡

明け方の遠雷・・・

明け方、遠くに聴こえる雷の音で目が覚める

微睡みの中で聴く遠雷が心地好い

夢のようでもあり

うつつのようでもあり













# by gizankatoh | 2017-07-19 21:07 | 月鏡

7月3日 ハレ

b0177891_21551329.jpg
J-WAVEから流れてきたカーティス・メイフィールドの「Move On Up」

『顔を上げて進もう』

今日はきっといい日だった。













# by gizankatoh | 2017-07-03 21:54 | 月鏡

『はい、360円です』

b0177891_21171710.jpg

私達のような作家(職人)は毎日、朝から晩まで独り仕事場に籠って仕事をしています。


友人の「時々、人恋しくなってコンビニに行く。ただ、『はい、360円です』って言われたい」

なんて話しに心底共感したりして。


そんな事もあって、自分がやっていることや自分が何処に向かおうとしているのか…
たまに自分がどこにいるのか判らなくなる時があります。


そんな意味でも、今回の美術館での展示はいっぱしの彫刻家として認められたような心持ちです。
そういう意味で、「スタートライン」です。


今日はそんな自分へのご褒美。
「はい、もり蕎麦お待ちどうさまです」って言われたい。


毎日101%頑張る事が当たり前だ。


これからだね。














# by gizankatoh | 2017-07-01 21:33 | よしなしごと・・・

道。そして、道。

b0177891_21110898.jpg

辿り着いたと思ったらまた道だ


何処まで行っても何処へも辿り着けない


“何も無い”ということを手に入れるために歩き申そう















# by gizankatoh | 2017-07-01 21:13 | 月鏡

『驚異の超絶技巧!~明治工芸から現代アートへ』

b0177891_21232433.jpg
b0177891_21235339.jpg

やっとスタートラインに辿り着いたという心持ちです。
私は作品を二点出展します。

巡回しますので多くの方々に観ていただけると嬉しいです。

以下、抜粋…

明治工芸を生み出した工人たちのDNAを受け継いで、
超絶技巧プラスαの機知に富んだ現代作家の作品も多数展示します。
彼/彼女らの多くは、いまだ一般的な知名度はほとんどありませんが、
100年後、200年後にその作品がたしかに評価されるにちがいないと思います。

この展覧会では、アカデミックな美術史における評価とも、
いわゆる伝統工芸のヒエラルキーとも無縁の、明治工芸と現代作家のコラボレーションが実現します。
日本人ならではの超絶技巧のDNAがどのように引き継がれているのか、
ぜひ注視していただきたいと思います。

山下裕二氏(本展監修者、明治学院大学教授)


『驚異の超絶技巧!~明治工芸から現代アートへ』
三井記念美術館(東京)
2017年9月16日〜12月3日
岐阜県現代陶芸美術館(岐阜)
2018年6月30日〜8月26日
山口県立美術館(山口)
2018年9月7日〜10月21日
富山県水墨美術館(富山)
2018年11月16日〜2019年1月14日
あべのハルカス美術館(大阪)
2019年1月26日〜4月14日













# by gizankatoh | 2017-06-30 17:00 | 展覧会